読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Appresso Engineer Blog

アプレッソのエンジニアが書く技術ブログです。

re:Invent 2015 2 日目 - 基調講演 & ブレークアウトセッション & 展示

こんにちは、田中です。 アプレッソでは主に DataSpider の Amazon 関連のアダプタや kintone アダプタを担当している田中です。 覚えていただけましたでしょうか。

さて、本日から本格的に re:Invent が始まります。 基調講演、ブレークアウトセッションなども今日と明日あります。

基調講演では毎年たくさんの AWS 新サービスが発表されますので楽しみですね。

今日はこんな感じで動きました。

  • 基調講演
  • HULFT/DataSpider の展示
  • 合間をぬってブレークアウトセッションいくつか
  • 参加者交流ディナー

基調講演 & ブレークアウトセッション

f:id:ktanaka89:20151009080552j:plain

もうご存知の方も多いと思いますが、今年もたくさんの新サービスが発表されました。

  • Amazon Quicksight
  • Amazon Kinesis Firehose
  • Amazon Snowball
  • AWS Database Migration Service
  • AWS Config Rules
  • Amazon Inspector

新サービス発表の流れはとてもわかりやすく、今ある課題や AWS が期待されていることを説明し、それに対する理想的なアプローチを説明し、そしてそれを実現する新サービスを発表します。非常にわかりやすいので今か今かとワクワクしますね。時間を見ながら、あと 30 分だからあと何個くらいあるかな?なんて考えたりします。

今年のトレンドというか、ユーザーがもっとシンプルに作りたいアプリケーションというのはやはり分析、ビジュアライズの分野だと思います。なんというか、ついに AWS でビジュアライズ来た!という感じですね。
そして大量トランザクションを恐るべき吸引力で吸い込む Kinesis をよりシンプルに活かせるようにするサービス、Amazon Kinesis Firehose は、今まで KCL を使ってリアルタイム処理を自前で実装していたものを、一度 S3 や Redshift に入れてから分析を行うことを可能にしました。
他にもセキュリティ、データの移行もやはりいつも手間だと感じる要因だと思いますが、これに対しても新サービスを発表しています。

しかし...、本命はまだ来ていない気がする...

Amazonは「物のインターネット」戦略を加速する為に2lemetryを買収 | TechCrunch Japan

この記事を呼んでから、AWS は Kinesis 以外で IoT に関連するサービスをいつローンチするのかずっと気になっています。 明日に期待です。 それからブレークアウトセッションにもいくつか参加したのですが、毎日怒涛のスケジュールで活動限界が近いため、また別の機会で報告しようと思います。

HULFT/DataSpider の展示

相変わらずの大盛況です。re:Inventに参加されるみなさんは非常に高い参加費を払って勉強しに来ているという意識があるためか、とても良く話を聞いていただけます。あるいは Tシャツ効果かもしれませんが。
また日本人の方も、何度か交流会が会ったときに遊びに来てくださいと話して、本当に来ていただけたりしてとてもありがたいです。
まだまだ練習が必要ですが、DataSpider のデモの説明も簡単にならできるようになってきました!

まとめ

明日も今日と同じく、基調講演、ブレークアウトセッション、展示があります。 もう一頑張りしてきます!!

こちらからは以上です。

おまけ

f:id:ktanaka89:20151009082204j:plain

初オー

f:id:ktanaka89:20151009082316j:plain

ラスベガスの巨大なホテル